本日のサイン

2020年12月30日(水)のトレードサイン

おはようございます。

今日は今年最後の営業日、大納会です。

昨晩のNYダウは68ドル安、日経225ミニのNSは30円安でした。

一方日経は、29日に一時700円高を付ける強さを見せましたが、大納会の30日には一時200円安と大きく下げました。

しかし、引けでは50円安まで戻して引ける相変わらずの強さを見せました。

また、年明けに小池都知事らが、政府に「緊急事態宣言」発令の要請をしましたが、政府は首を縦にふるのでしょうか?

どちらにしても、これだけ感染者が増えてしまうと「緊急事態宣言」発令程度ではマーケットは反応しないかも知れませんね。

過去5年の大発会の日経平均先物の4本値

過去5年の大発会を見てみると、3勝2敗です。

2016年が高値+130円、安値-450円、引値-430円

2017年が高値+360円、安値-15円、引値+355円

2018年が高値+390円、安値-25円、引値+310円

2019年が高値+120円、安値-215円、引値+60円

2020年が高値+125円、安値-95円、引値-95円

さて、2021年はどうなりますか・・・

本日のトレードサイン

【売買サイン】寄り「買い」

【取引枚数】ミニ2枚

【利益確定】+330円

【LC】-230円

※ 引け間際(15時すぎ)までに約定しない場合は、引成で手仕舞い

 

↓他ブログの今日の無料サインをご覧になりたい方はこちらから!

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ABOUT ME
GU
東京・丸の内に勤務するサラリーマントレーダーのGUと申します。 日経225先物の取引を始めてかれこれ10年以上が経ちました。 裁量だけで取引しても思うように結果が出せず、当時は毎年かなりの損失を出していました。 そんな折り、感情に左右されないシステムトレードのことを知り、独学でシステムの制作に取り組み始め、2007年まで遡りバックテストと少額でフォワードテストを繰り返し、2019年にようやく自分のようなサラリーマンでも運用出来そうな(ドローダウンの少ない、心臓に優しい)売買システムが形になりました。 いつかロールスロイスのファントムが買えるくらいの利益を出せることを願い、システムに「ファントム」と名付け、2020年の大発会より資金300万を元に本格的に運用を開始しました! バーチャルではなく、実際に取引していることと、公開したサイン通りに取引していることの証に、取引画面と取引余力(口座残高)の写真(スマホのスクショ画面)を全て当ブログに公開しています!