2020年トレード成績

2020年3月成績

2020年3月の相場

今月は新型コロナウイルスの感染が更に拡大した影響で、日経平均先物は月間で11%程下落しました。

当面の間はシステムトレード向きな大荒れ相場に

今月は月間2,000円を超える下げと、過去に例を見ない1日に1,300円を超える(瞬間)上げ幅を記録するなど、過去最大の動きです。

リーマンショックや東日本大震災のあった月でもこんなに動いた日はなかったです。

4月もまた一段下げると思いますが、1日500円を超える値動きは減り、多少安定はしてくるとは思います。

2020年3月「PHANTOM」の成績

月末に4連敗してしまいましたが、大きく値が動いた月半ばの成績は安定していました。

ウイルス蔓延の報道から2か月が経過し、1日の値動きは相変わらず大きいものの、2ヶ月連敗しているので4月こそは期待しています。

今後、政府から非常事態宣言が出たり、首都封鎖で外出禁止などの措置が取られても、折り込み済みで市場はそれ程反応しないと思われます。

まぁ・・・反応してもいいのですが。

それよりも、びっくりするような経済政策が発表された時には一時的に反応し、大きく上げる日があるかも知れません。

安倍政権では無さそうですが・・・

来月もよろしくお願い致します!

日付 利幅 枚数 利益・損益
3/2 +210 5 +105,000
3/3 -190 4 -76,000
3/4 -190 4 -76,000
3/5 -10 4 -4,000
3/6 -185 4 -74,000
3/9 +280 4 +112,000
3/10 +240 4 +96,000
3/11 -190 4 -76,000
3/12 +290 4 +116,000
3/13 +350 3 +105,000
3/16 -305 2 -61,000
3/17 -335 2 -67,000
3/18 -350 2 -70,000
3/19 +330 3 +99,000
3/23 -230 3 -69,000
3/24 +360 3 +108,000
3/25 +360 3 +108,000
3/26 -255 3 -76,500
3/27 -300 3 -90,000
3/30 -250 3 -75,000
3/31 -250 3 -75,000
3月合計 -620 70 -40,500

 

【2020年3月トレード成績】

◆月間利幅 -620

◆月間取引枚数 70枚

◆月間損益 -40,500円

◆月間手数料 -3,780円

◆月間純利益 -44,280

◆プロフィットファクター 0.95(3月)

2020年「PHANTOM」の累計成績

2020年成績 利幅 枚数 利益・損益
1月 +395 223 +446,000
2月 -15 161 -171,000
3月 -620 70 -40,500
2020年累計 +380 384 +234,500

◆234,500円-24,516円(手数料54円×454枚)=209,984円

◆現在の資産 3,209,984円(+209,984)

◆2020年のプロフィットファクター 1.10

「日経225先物」「先物システムトレード」のランキングはこちらからどうぞ!

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
ABOUT ME
GU
東京・丸の内に勤務するサラリーマントレーダーのGUと申します。 日経225先物の取引を始めてかれこれ10年以上が経ちました。 裁量だけで取引しても思うように結果が出せず、当時は毎年かなりの損失を出していました。 そんな折り、感情に左右されないシステムトレードのことを知り、独学でシステムの制作に取り組み始め、2007年まで遡りバックテストと少額でフォワードテストを繰り返し、2019年にようやく自分のようなサラリーマンでも運用出来そうな(ドローダウンの少ない、心臓に優しい)売買システムが形になりました。 いつかロールスロイスのファントムが買えるくらいの利益を出せることを願い、システムに「ファントム」と名付け、2020年の大発会より資金300万を元に本格的に運用を開始しました! バーチャルではなく、実際に取引していることと、公開したサイン通りに取引していることの証に、取引画面と取引余力(口座残高)の写真(スマホのスクショ画面)を全て当ブログに公開しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です