トレード結果

2020年7月31日(木)の結果

2020年7月31日(金) 日経225先物(ミニ)の動き

今日はダウ先が下げているのを嫌気されたのか、寄りからいきなり雪崩が発生!

その後、急速に円高が進行したことで、さらに売り圧力が強まりました。

後場に入り、都内の感染者数が400人を超えたとの一報が入ると、さらに売り圧力が強まり、売りが売りを呼ぶ展開で、22,000円の節目もあっさり突き破り、一時600円を超える下げとなりました。

ザラ場中に600円を超える下げは、4月1日以来で、波乱の8月を予感させる1日となりました。

 

2020年7月31日(金) トレード後の雑感

今日は珍しく本業が忙しく、朝方の寄り直後のチャートは見ていなかったのですが、9時過ぎにスマホを見た時には既に、約定(利確)されていました。

月末を連勝で終えることが出来て、一昨日までの3連敗で空いた穴をほぼ埋めることができました。

しかし、どーでもいいけどザラ場中に600円も下げるとは・・・

14万勝てたのでこれ以上贅沢は言えませんが、今日のように突然大きく動くことをシステムが少しでも予測することはできないものでしょうか?

素人の作るシステムの限界を思い知らされる1日でもありました。

2020年7月31日(金)のトレードサイン

本日、システムのサインは下記の通りでした。

【ミニ10枚で寄り「売り」、+140円(140円下げたら)利益確定、-100円(逆に100円上げたら)LC】

2020年7月31(木)の朝に公開したトレードサイン記事は

日経225先物ミニ4本値(日中)

始値 22,300円

高値 22,305円(+5円)

安値 21,680円(-620円)

終値 21,765円(-535円)

2020年7月31日(金)の取引結果

【本日の取引】22,300円(寄り売り)→ 22,160円(利益確定・決済買い)

【本日の利幅】+140円

【取引枚数】ミニ10枚

【本日の損益】+140,000円

【手数料】-540円

【月間利幅】+965円

【月間損益】+777,200円

【月間手数料】-10,260円

【現資産】4,592,256円(2020年1月大発会から +1,592,256円)

今月の勝敗を○×で並べると・・・

×○○×○○○×○○○○○×○○×××○○

3連敗の後の連勝で、資産最高値まで約3万円まで戻すことが出来、気持ちよく7月を終えることができました。

7/22の資産最高値・4,623,280円まであと31,024円というところまで戻しました。

来月は500万台の大台を目指して突き進んでくれることを願います。

8月もお付き合いの程、よろしくお願い致します!

7月の成績詳細一覧はコチラ

サイン無料の寄り引けシステムの成績は?

サインを無料で公開しているブログ・7月29日のサインは?

PHANTOM 「売り」(利確+140、LC-100)→ ×ミニ10枚 +140

Sブログ様 「買い」 利確・LCなし → ×

Yブログ様 「買い」 利確・LCなし → ×

SYブログ様 「買い」利確・LCなし → ×

STブログ様 「売り」利確・LCなし → ○

Aブログ様 「買い」利確・LCなし → ×

本日は「売り」2、「買い」4でした!

↓あまり細かく書いてしまうと営業妨害になってしまいますので、各ブログ様の詳細は下記から覗いてみて下さい↓

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ

人気ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
GU
東京・丸の内に勤務するサラリーマントレーダーのGUと申します。 日経225先物の取引を始めてかれこれ10年以上が経ちました。 裁量だけで取引しても思うように結果が出せず、当時は毎年かなりの損失を出していました。 そんな折り、感情に左右されないシステムトレードのことを知り、独学でシステムの制作に取り組み始め、2007年まで遡りバックテストと少額でフォワードテストを繰り返し、2019年にようやく自分のようなサラリーマンでも運用出来そうな(ドローダウンの少ない、心臓に優しい)売買システムが形になりました。 いつかロールスロイスのファントムが買えるくらいの利益を出せることを願い、システムに「ファントム」と名付け、2020年の大発会より資金300万を元に本格的に運用を開始しました! バーチャルではなく、実際に取引していることと、公開したサイン通りに取引していることの証に、取引画面と取引余力(口座残高)の写真(スマホのスクショ画面)を全て当ブログに公開しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です