2020年トレード成績

2020年5月成績

2020年5月の相場

コロナウイルスが蔓延し政府の緊急事態宣言が解除され、経済の再開への期待感から日経は22,000円台を回復しました。

5月の初めは、20,000円に満たない値でしたので自粛中の5月だけで2,000円も上げたことになります。

5月は18日の営業日がありましたが、最後の営業日となった29日以外の17日は高値と安値のどちらかが100円に満たない値でした。

つまり、上げたり下げたりしない、どちらかへのトレンドがあったということです。

これは、寄り引きトレードではとても有利な相場です。

6月は少し圧力弱まり150円~200円の幅で動く相場を予想

コロナの2波が来るか来ないか次第ではありますが、6月も5月よりは弱まりそうですが同じような相場圧力が続きそうです。

ただし、いくらなんでも上げ過ぎですから、このまま6月も上げ続けるとは考えづらく揉み合いの月になりそうです。

1日のボラリティ的には、5月がほぼ予想通り200~300円でしたが、6月は150~200円の「取り頃相場」になると予想しています。

まぁ、、、希望です(笑)

2020年5月「PHANTOM」の成績

5月は、少し上方向にトレンドが出過ぎたことが気になりますが、+480,000円、4か月間累計で+873,500円という成績でした。

※日付をクリックすると当日のサインや取引の詳細がご覧頂けます

日付 利幅 枚数 利益・損益
5/1 -155 5 -77,500
5/7 +220 5 +110,000
5/8 -150 5 -75,000
5/11 -115 6 -69,000
5/12 +170 6 +102,000
5/13 +160 7 +112,000
5/14 +160 7 +112,000
5/15 -105 7 -73,500
5/18 +140 7 +98,000
5/19 +160 7 +112,000
5/20 +180 6 +108,000
5/21 +160 7 +112,000
5/22 -110 7 -77,000
5/25 +155 7 +108,500
5/26 -110 7 -77,000
5/27 -110 7 -77,000
5/28 +210 5 +105,000
5/29 -105 7 -73,500
5月合計 +755 115 +480,000

【2020年5月トレード成績】

◆月間利幅 +755

◆月間取引枚数 115枚

◆月間損益 +480,000円

◆月間手数料 -6,210円

◆月間純利益 +473,790

◆プロフィットファクター 1.80(5月)

◆資産 3,000,000円(1/1)→ 3,838,346円(5/末)【+838,346円】※手数料引後

2020年5月末の残高

2020年「PHANTOM」の月別成績一覧と累計成績はコチラ

「日経225先物」「先物システムトレード」のランキングはこちらからどうぞ!

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
ABOUT ME
GU
東京・丸の内に勤務するサラリーマントレーダーのGUと申します。 日経225先物の取引を始めてかれこれ10年以上が経ちました。 裁量だけで取引しても思うように結果が出せず、当時は毎年かなりの損失を出していました。 そんな折り、感情に左右されないシステムトレードのことを知り、独学でシステムの制作に取り組み始め、2007年まで遡りバックテストと少額でフォワードテストを繰り返し、2019年にようやく自分のようなサラリーマンでも運用出来そうな(ドローダウンの少ない、心臓に優しい)売買システムが形になりました。 いつかロールスロイスのファントムが買えるくらいの利益を出せることを願い、システムに「ファントム」と名付け、2020年の大発会より資金300万を元に本格的に運用を開始しました! バーチャルではなく、実際に取引していることと、公開したサイン通りに取引していることの証に、取引画面と取引余力(口座残高)の写真(スマホのスクショ画面)を全て当ブログに公開しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です